リサーチコンプレックス推進事業

国立研究開発法人科学技術振興機構 研究成果展開事業 世界に誇る地域発研究開発・実施拠点リサーチコンプレックス推進プログラム「世界に誇る社会システムと技術の革新で新産業を創る Welllbeing Research Campus」推進に関わる可能性調査中核機関事務局を受託しました(2016年3月~現在)

概要

世界に誇るイノベーション創出を目指し、羽田空港対岸に位置する川崎市殿町地区に集積する産・学・官・金のプレイヤーが、国内外の異分野融合による最先端の研究開発、成果の事業化、人材育成を一体的、かつ統合的に展開するための複合型イノベーション推進基盤を形成することを目的とする事業。

慶應義塾大学を中核機関としてそれらのインタラクションを事業化へ促す仕組みと場づくりを行い、周辺地域の優れた研究拠点・事業拠点との連携を深め、世界のWellbeingを主導し新たな産業の中核となる「殿町Wellbeing Research Campus」を形成します。

リサーチコンプレックス中核事務局の業務内容

事務局運営

  • 関係機関(大学等研究機関、自治体、企業、団体)の調整、管理
  • 各種会議(協議会、実行本部会、各部門会議など)運営
  • 庶務、会計管理
  • 各種書類等作成など

マネジメント業務

  • 事業推進の支援
  • コンソーシアムの企画支援

プロモーション業務

  • 人材育成プログラム企画、運営
  • シンポジウム、ワークショップ等の企画、運営
  • ウェブサイト、ポスター等企画

このページの先頭へ